最新!看護師求人ベスト人気のおすすめ|看護士求人.com

看護士求人.comでは2019年3月、最新の看護師求人ベスト人気ランキングでおすすめの看護師転職サイトを徹底比較し、口コミ・評判から厳選。
年収600万円の高給与看護師求人、年間休日125日残業なしの看護師求人、日勤のみの看護師求人など看護師に人気の高い好条件、高待遇の非公開求人を掲載する看護師求人サイトをまとめました。

最新!看護師求人サイト人気ランキングのおすすめベスト3

看護ルー

看護ルーの口コミ・評判

詳細はこちらをクリック

ナースではたらこ

ナースではたらこの口コミ・評判

詳細はこちらをクリック

看護のお仕事

看護のお仕事の口コミ・評判

詳細はこちらをクリック

友人看護師に転職するようアドバイス!うまくいきました

 

学生時代からの友人が結婚後もずっと看護師として働いているのですが、会った時に「転職しようと思っている」と相談されました。

 

長年同じ病院に勤めていたら、人間関係が辛くなってきたと打ち明けてくれたんです。

 

しかし、転職する度胸がなくて転職することを迷っていると言っていました。

 

私も看護師として転職経験があるので、そういう時は思い切って転職したほうが良いとアドバイスしたんですよね。

 

看護師の転職サイトはたくさんありますし、キャリアアドバイザーが親身になって相談にのってくれて、しかも最適な転職を考えてくれるということを教えてあげました。

 

三ヶ月もしないうちに、友人看護師は看護師転職サイトを利用して転職。

 

お給料は少し下がりましたが、人間関係がとても良い職場に転職することができたようで、久しぶりに会ったら笑顔でした。

 

私があの時思い切って転職するように背中を押したことで、今は笑顔で仕事を続けることができると言っていました。

 

転職を迷っていた時には、彼女はすごく顔色が悪くてまるで病人のようだったので心配していたんです。

 

私も転職する時はすごく怖かったのですが、勇気を出して転職したら毎日すごく明るくなれたので彼女にすすめてみたんですよね。

 

看護師の転職は、看護師専用の転職サイトを利用すると本当に楽に転職することができるので、転職を考えている人は思い切って転職したほうが良いと思います。

 

仕事をしていても、キャリアアドバイザーが色々とやってくれるので助かります。

 

看護師の転職

看護師が職に困ることはないでしょう。

 

一般大学を卒業して就職活動している方は多いと100件近い面接などを繰り返すと聞いたことがあります。

 

しかし看護師が就職活動で困るのは35歳過ぎてからの転職ではないでしょうか。

 

35歳くらいまでは引く手にあまたです。

 

この病院で働きたいと思ったら、ブランクが3年あってもほぼ就職できます。

 

どこの学校卒業なんてのはあまり気にされません。

 

看護師国家資格に合格していれば何の問題もないのです。

 

なぜ35歳という年齢をひいたかというと、35歳だともうベテランです。お給料がかさみます。

 

言いたいことも言える年齢です。

 

新しいことを覚えるのも新人より時間がかかることもあります。年齢が言っているからよしのこともあれば、悪いこともあります。

 

選ぶのもシビアになるからかもしれませんが、あまり無茶は言えなくなります。

 

ある程度できる年齢とみられるのもプレッシャーにもなりますね。

 

35歳までの求人の方がよい条件がそろっていることが多いです。

 

人気のある職場は年齢制限をかけているところもありますし、やめない職場なのです。

 

一つのところに居続ければ管理職の道も開けるのですが、なにせ人間関係が複雑な場所が多いので、なかなか長続きがしないのです。

 

いつも求人を募集している場所はやめる人が多いということにもなりますよね。

 

いろいろ考えるといいところを狙いすぎるのもあるかもしれません。

 

しかし看護師は勉強が好きや向上心がすごい人が多いので、いろんな場所で活躍できるところを探せる職業でもあります。

 

看護師の仕事

看護師というと、病院というイメージが強い方が多いと思います。

 

病院での仕事は「不規則」「激務」であり、やりがいこそありますが、配属される病院や部署によって大きく差がでます。

 

日々技術力が問われる救急の部署に所属する場合、当然、救急でくる重体の患者様を診ることが多く、様々な知識と能力が必要となります。

 

そのため、勤務時間以外での研修や勉強会も必須となってきます。

 

自分自身の経験値を高め、病院の負担で資格支援もあるため看護師として働く上ではとても勉強になります。

 

しかし一方で、勤務時間は不規則となりがちになり、小さな子どもからご高齢の方の辛い場面に立ち会うことも多く精神的な負担も避けられません。

 

ドラマでみるような感情移入の強い医療関係者は実際の現場では続かないことも少なくなく、仕事として割りきれるメンタル力が求められます。

 

一方で、救急的な治療が終わり、退院に向けて安静さや経過観察を行う療養型タイプの病院・部署では救急外来ほどの忙しさや多面的な技術力は求められません。

 

その代わり、一人一人の患者様の情報を把握する管理能力や精神的に不安定になりやすい患者様のサポート力が必要になってきます。

 

入院する患者様の多くは急な環境変化に不安をもち、一時的にパニック症状を起こす方や、ご自身の病気やけが、退院した後の生活に悲観的になり、精神的に落ち込む方が少なくありません。

 

看護師はあくまでも医療行為を優先するため、時には厳しい対応をしなければならないこともありますが、患者様の気持ちに寄り添うことも看護の仕事です。

 

看護師の人間関係の悩み

 

看護師はまだまだ女性社会です。

 

しかし看護師という地位は大分世間でも承認されてきており、自分は「できる」とおもっている人は多いのです。

 

しかしまだまだ大学卒業の方の方が少ない現状の中、年数が少しいけば「天狗」になる人も多くいます。

 

一般社会なら通らないであろうことも、「資格」で大きく変わるのです。

 

看護師の人間関係は複雑です。

 

同じくらいの偏差値の女性が集まって、ちょっと仕事ができれば大きな顔をするのが当たり前です。

 

優しい看護師のイメージを持つ人がどのくらいいるかはわかりませんが、心底優しい人なんていません。

 

陰で文句を言うのは当たり前ですし、なぜか一人がいじめ?に合うとみんなから無視されます。

 

無視された相手は病気がちになり休みが多くなり、最終的には退職に追い込まれるのです。

 

上司も好き嫌いをはっきり出してくる人が多いのです。嫌われたら最後昇格も遠い話になります。

 

お給料がいいからとか言いますが現実はそんなことはありません。

 

だって夜中に働いているのですから給料がいいのは当たり前です。

 

夜の商売をしている人の方がよっぽど稼いでいますよね。

 

また偏差値の高い学校を卒業されたOLさんの方がよっぽど稼いでいます。

 

看護師はそんなことも知らずに自分は頭も良くて、給料もよいと思っています。

 

まだまだ頭が良くて給料のいい人がいることを知ったほうがいいですよね。

 

なぜか看護師を恋人にする男性はできない人が多いのもびっくりです。

 

女性に養ってもらって当たりまえと思っている人が多いことも本当にびっくりする事実です。

 

更新履歴
TOPへ